2020年10月20日

「第9回観光映像大賞 観光庁長官賞」を受賞しました。

株式会社中国四国博報堂(本社:広島県広島市、代表取締役社長:関 康彦)が制作した廿日市市のPR動画が、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2020にて、47都道府県で制作された観光プロモーション映像・映画・ビデオの中から、「観光振興」という観点で、最も創造性・振興性・話題性に優れた作品に対して表彰する「第9回観光映像大賞 観光庁長官賞」を受賞しました。

受賞作品は、廿日市市の「はつかいち物語 愛の取調べ室」(広告主:廿日市市)で、中国地方の自治体の受賞は2013年以来です。

受賞を記念して、2020年10月15日(木)~18日(日)に開催される「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2020 秋の映画祭」にて上映されることになりました。

中国四国博報堂は、瀬戸内を元気にするマーケティングエンジンとして、これからも、地域を元気にするビジネスデザインを創造し続けます。

【受賞作品】廿日市市「はつかいち物語 愛の取調べ室」

(広告主)
廿日市市
(制作)
中国四国博報堂広島本社
マーケットデザイン室:藤川 頼信
ビジネスデザイン局:今田 和美、小神田 隆史、森友 豊

【受賞作品】「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2020 秋の映画祭」について

映画祭では、「受賞プログラム3」として東京都写真美術館およびオンライン会場で無料上映、配信されます。

https://www.shortshorts.org/2020/autumn/

※今回の作品の「続編」を12月からTVCM及び動画にてオンエア/配信予定です。


<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社中国四国博報堂担当:森友 豊 TEL: 082-248-0401

TOP